日々の営み 未来編

この引越しを決めたのは
2020年の1月
 
引っ越す
 
と決めた次の日に住む場所が決まった。
 
その時はまだ世間もこんな状況ではなくて
 
引っ越したら
あれもしたいこれもしたいということが沢山あった
 
関東圏なので
行ってみたかった
Brown'sFieldさんや
その近くに住む友人のおうちに遊びに行くこと
 
自動車で葉山に行ってドライブ
 
もしかしたら会いたいって言ってくれる人がいたら、昔の友人達にも久しぶりに会えるかもしれない
 
筋膜の勉強も始めたい
 
そして
ここでロミロミやヒーリングができることを
楽しみにしていた。
 
それが全部今出来なくなってしまった。
 
私だけでなくて
世界中がスローダウンしている
 
 
今、雨音を聞きながらこれを書いている。
タイピングの音が心地よく響いている。
 

 実は今日の午前中は気持ちが焦っていて
いろんなことに億劫になって気持ちがふさぎ込んでいた。
 
同じ家にいるんだったら
海の見えるあの土地にいた方が良かったのかも
と一瞬思ったけど
それは違う
とすぐに頭の中を切り替えた
 
実家に届ける荷物があることと何か手伝えることがないか連絡したら
お味噌を分けてちょうだい
という返事が母からきた
 
私が以前いた愛知県は
発酵食品、調味料がとても美味しくて
今自分が食べているお味噌と醤油は近所の麹屋さんのワークショップで去年自分で作ったものだ
とっても美味しい。
本当に美味しい。
 
そんな味噌を分けて、
と言われて嬉しくないわけがない
 
その電話の後にはもう、私の気持ちは温かなものへと変わっていた。
本当に気分は些細なことで変わる。
 
自分で変える
 
と決めるとそれにあった行動が起こせるようになるよ!(体を動かすとかお風呂に入るとか)
 
そして明日は母の通院日で自動車で送り迎えが手伝えることが何よりも嬉しい
 
早速調べてみると、ここから実家まで自動車で40分くらいだった。
 
その事実も私にはとても嬉しかった。
 
母は強い人で滅多なことで人に助けを求めない
今回も私が手伝わせてもらっているのだ。
もしかしたら、私が来ない方が母の精神は休まるかもしれない 笑
 
さて、ここでふと思ったのだけど、
去年までの私の家族に対する出てきた昔の感情のことを思うと
こんなに変化があったのかと驚いている。(去年の書いたものを見ると。。。)
それは家族のことに対して健全な関係を望んだ私が意図的にやってきた取り組みなのだけれど
自分が一番驚いている。
 
今もたまにひょっこり顔を出すけれど
そしておそらくこれからも出てくるとは思うけれど
その度に変化しているのがわかる
 
罪を憎んで人を憎まず
 
とはまさにこのことか
 
そして
自分のことですら何か決定したり行動したりすることにこんなに恐怖や不安を感じているのに
もし自分に子供ができて、子供の人生をより良いものであって欲しいと願っている親の気持ちを考えた時、
やはりとてもプレッシャーで時として本当に心配でたまらないことが多いだろうなあ、と感じた。
 
おそらくどんな家庭でも何かしらあるし
子供を愛していても上手く表現できなかったり心配だったり
ベストをどんなに尽くしても
子供から憎まれるような感情を人生の中で一度はほぼ間違いなく持たれることがある親の立場って
すごいなあ。
(私は一度もそんな気持ち、両親に思ったことありません!という方もいらっしゃるかもしれないけどね)
どんなにベストを尽くしても
あの時、寂しかった。
気持ちをわかってくれなくて辛かった
とか言われても
親も神様ではないものな。
 
さて、話変わって
愛知県で私が学んだことは
主に食
だったように思う。
後、人との繋がり
 
丁寧に暮らしている人たちが周りに多かった。
 
野菜を育て、魚をさばき、大切に調理して、科学調味料は使わず、生ゴミはコンポストにして循環させていく暮らしがあった。
これに調味料が美味しいとなれば、もうすごいなあって感じだった。
私は自分ではわからないけどなぜだかビーガンに見られることが多いのだけど、お肉も食べます。そしてカップラーメンとかポテトチップスとかも割と好きだった。ここに住んで変わったことは、お野菜が本当に美味しいと思って大好きになったし、ポテッチップスはあまり食べたいと思わないようになった。お酒の量も減った。
 
イチジクや柑橘類、筍はよくいただいた。
東京だとどれも高級品なものが、採れる、ということに驚きだった。
 
ハワイ島でも電子レンジや冷蔵庫を持たない人たちの暮らしを見ていたけど
日本でも丁寧に暮らしている人たちは本当に美しいなあと思った。
 
人は環境によって生活スタイルも変わる。
 
私はここに引っ越してきて今までと同じようなライフスタイルを保とうとするととても労力がいるだろう。
どれだけ自分にあったものができるのか折り合いをつけて頑張りすぎず、様子を見ていこうと思う。
何事も無理に続けたりするのは良くない。
 
今日、自動車で区役所まで少し走ったら畑が見えてそれにホッとした自分を発見した。
近所にもオーガニック食品店や美味しいパン屋さんもあって
どんなものが置いてあるかのぞいてみると
地元で作られたものもあったり、
お店の人に何かお探しですか?ときかれ、愛知から引っ越してきたことを話すと
調味料が美味しいですよね、と言われたり、
自分の今まで使っていたものが店頭に並んでいたりすると嬉しかったりした。
 
明らかに今までの私とは違う視点であったり、人とのコミュニケーションにも変化を感じる。
 
私はまた新しい自分を始めようとしているのを感じている。
実のところまだ、自分のライフスタイルがどんなものがいいのかわかっていないようで
この歳になってもわかっていない、迷っていられる余裕があることにドキドキしている。
それでもいい
人によっては定年退職して郊外や海外に住む人もいるし。
変化していくものだからわからない。
Stay Homeと言われている期間、もう一度自分が何を望んでいるか見つめてみよう。
 
大きな視点で見てみれば、物事はただ起こっているだけだけど
いろんな角度から良いようにも悪いようにも捉えられるし、あるんだと思う。
 
できることをやっていく、今まで後回しにしていたこととかもやっていく。
案外やることはある。
 
そして今お受けいただけるメニューは遠隔ヒーリングがあります。
お家にいながらできるのでオススメです。
私も自分のために今も定期的に受けているのですが、冒頭にも書いた通り、家族との関係がすごく変わったと実感しています。もともと愛知県でヒーリングスクールの仲間とは離れていて、自分の気持ちがどうしようもない時は遠隔ヒーリングをお願いして受ける機会、そしてヒーリングする機会も多かったです。
私の場合は家族関係が一番わかりやすかったけど、おそらくここに引っ越したことも変化の一つだと思っていて、これからも自分の仕事やライフスタイルにも影響してくるんだろうな、という予感があります。
 
受けていただいているクライアントさんはご自身の気持ちが整理され、エネルギーを整えていかれるようです。
そして、変化を感じる方もいらっしゃれば、いない方もおられて、変化を感じていらっしゃらなくてもリピートしてくださる方もおられるので何かしら感じてくださっているのでは?と思っています。
 
何よりも自分の本質を感じていただける瞬間に立ち会える時、とても嬉しく思います。
 
 
さてさて長くなってしまいました。
 
改めて、ここに引っ越せて住めることにも感謝しています。
本当にありがとうって何度も思います。
 
そして今まで出会ってくれた人たちも同じく
ありがとうって思う。
 
そしてこんな長文読んでくれたあなたにも
ありがとう
 

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています