遠隔ヒーリング モニター様ご感想

ヒーリングのモニター様のご感想です。

遠隔ヒーリングのクライアントさんです

生きていてくれて出会ってくれて、本当にありがとうございます🙏

ここから↓

今回6カ月モニターを受けました。

振り返って思うことは、ヒーリングは施術者から癒してもらってハッピー!になる単純なものではなかったということです。

もちろん、その人に合わせたヒーリングになるので、一概には言えませんが、私の場合はしんどい思いをたくさんしました。

自分と向き合うって、怖くて痛くて恥ずかしいです。

それでも向き合うとするのは、今まで逃げてきたツケがどうしようもなく回ってきたと感じていたからです。

一生誰の特別にもなれず、一人でいるのだと、小さな自分に無理やり鉛を流し込み、口をふさいで、海の底に沈めて、反論を許さない自分がいました。ひどい虐待です。

仕事も恋愛も、うまくいかないのは、そのせいだとどこかで分かっていて、でもどうしようもなかったのです。

悦子さんがどんなヒーラーさんかというと、泳げない私の手を握って、暗い海の底に潜っていく勇気をくれる人です。

私の琴線に触れる言葉を根気強く投げかけてくれました。

それに倣って、グランディングをして言葉を投げかけて泣くを日々ひたすら繰り返しました。

謝罪、感謝、愛情、共感、安心させる言葉etc.

地味で地道で苦しくて、誰にも評価されない寂しさに、また一人である呪いをかけることもありました。

それでも続けてきて、今は羊水の中を揺蕩うような穏やかさと安心を感じることができるようになりました。

守られていると直感的にわかってくると、今までの武装をほどいていくことができます。

ひとりではまた逃げていたと思います。辛かったけど、本当に受けてよかったです。

硬い自分がほぐれていって、大げさだけど、生きててよかったとホッとしました。

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています New! ロミロミメニュー クリニカルロミロミ が新しく加わりました!