ポンコツだけど

ちょっと抜けている人とか

ポンコツな人とか

苦手だった。

それは私の一面であり

昔の自分自身を許せない、嫌いな側面であったので

似たような人を見ると

もう居たたまれなくて

関わらないように遠ざかっていた。


会社勤めをしていたこともあったけど

すごく頑張らなくては続かなかったし

(頑張っても続かなかったし)

何かミスをしてしまったら

必死で誤魔化してた(もちろん全然ごまかせてなかったけど)

ダメ人間だったし


何よりも

きちんとして

しっかりして

普通に

常識を持って

やらなければ

という強い意識を持っていた。

(ねえ、それほんとに思ってた?というツッコミが入るくらいポンコツだった)

本人いたって頑張って周囲と合わせようとしていた。

そして心身の調子を崩し、癒しの道へと入っていった。


それを諦めたていにして、

何か突っ切って行こうと思っていたけれど

それも全然ダメで

心の奥底では

ダメだ

これはダメだ

私はどうせダメだ。

そしてきちんとしなければ

というループにはまっていった。

(体力的に無理はしていないので体の調子は良くなった)


長い長いトンネルのようだった。

抜けた!

と思ったら

まだあった!

みたいな。

まあ、生きている限り

だんだんと

霧が晴れてくるように

クリアになっていくのだと思う。


だけれども最近思うのは

こんなポンコツな私だけれど

生きている

という事実。

これはすごいことだと思った。

そして今

とても周りに恵まれた環境にいて

昔は必死に取り繕うことをしていた

隠そうとしていた

誤魔化そうとしていた

失敗や自分の性格をそのまま認め

間違えたら謝って

そして感謝して

自分のできることをやっていると

とても楽に息ができるようになり、

たくさんのサポートがあり

みんな優しくなっていった。

私のポンコツさは何も変わっていない


だから

大丈夫

と伝えたい。

誰に?

まずは自分に

今でもよくそれを忘れてしまう自分自身に

そして

今、誰かこれを読んで必要と感じてくれた人に

届いてくれればいいなあ、と思っている。

読んでくれて

ありがとう。

ヒーリングやロミロミをしている時間がとても幸せに感じています

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています