実は色々感じているのでは?

今日はちょっとオカルトちっくな話を書いてみようと思います。

私は霊感などないのですが、LASヒーリングスクール卒業後

それでも超感覚知覚が以前より研ぎ澄まされてきました。

その現在の状態から過去を振り返ってみると

あれは。。。。?

というようなことが結構沢山ある。

見えない、感じない、とはいえ

あれは?

ということを書いてみようと思う。


ハワイ島留学時代、

2016年、キラウエア火山が噴火して

みんなで夜に溶岩が流れるところを見に行ったときのこと

溶岩が噴出した直後は規制もそんなにされておらず、本当に手を伸ばせば溶岩に触れてしまう距離まで見に行けたのです。(自己責任です)

真っ暗な夜、携帯電話の光を頼りに乾いた真っ黒な溶岩の大地を真っ赤に燃える溶岩を見に奥へ奥へ進んでいった。真っ黒な乾いた溶岩は時折鋭く尖っていて、危険極まりない。転んだら血だらけになること間違いない。そんな中、無事に見に行って、帰ってきたのですが。(トータル5時間くらい歩いていました)

事は帰り道の途中。

溶岩の道も終わり、もう普通の道を止めてある自動車に向かって歩いていた私たち。

普通の道といえど、周りは真っ黒い溶岩が立ち込め、風がビュンビュン吹いている。

突然、体が重くなって足が前に進まなくなっていった。

前にいる友達のところに追いつこうとも

進もうとも進めない

どんどん距離が開いていって

私は一人、みんなに遅れて歩いていく。

歩けない、進めない。声も出せない。

みんな気がつかない、行ってしまう。

という時に

友達の一人が振り返り、

私を見て引き返して、駆け寄って引き返してくれた!

大丈夫?!

開口一番言ってくれた言葉

背中をさすってくれて

ようやく私もハッとして

なんだか体が重くて

というと、

何か付いてきちゃったかもね!

と笑顔で背中をさすってくれた友人

その瞬間

パキン!

と何かが離れるのがわかって

また、普通の速度で歩き始めることができた。

あれは一体なんだったんだろう?

ハワイ島はエネルギーが本当に強い場所が多くて

今から思えば、溶岩を夜観にいくなんて、あんまり褒められたことではなかったと思う。

私以外でも、ワイピオでの不思議な話、ホ・オケナ公園での不思議な体験をした人達の話を沢山聞いた。

むやみやたらに、その場所のエネルギーや土地の色んな者たちを荒らすような事はしてはいけなかったなあ、と今振り返ってみて思います。

それにしても、太陽ように明るい強いエネルギーを持つ友人に助けられました。

私はまだまだ弱いなあ。

背中をさすってもらっただけで、何かを払って守ってくれたのを感じています。


そのほかにも

古い旅館に泊まった時なんかは

花のような良い香りが寝る前に何度もして

天女が降りてきたのかしら?

と呑気に思っていたら、

一緒に泊まった友人が

あ〜、昔の女の人がいるね

と言っていて、私はわからなかくて天女だったらいいなあ、と思っていた天然呑気な私です。

友人には、

それくらいの方が付け込まれなくていい

と言ってもらえましたが。。。。


そんな鈍感な私でも最近では

意識的に色んなことを見渡して観察して

そして自分に意識を向けて過ごしていくと

色んな偶然や(本当は偶然ではない)

出会いがあって面白く感じます。

また、面白いことがあったら書いてみますね。

今日はちょっと不思議な話でした。

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています