緊張とeffortless

今まで緊張して生きてきたのかもしれない。

ハワイにいた時も

西尾にいた時も

体調は絶好調と思っていたのだけれど

お腹はいつもゆるかった。

便秘になったことは人生でなく

自分の通常はゆるいものだと思っていた。

が、しかしである。

神奈川に越してきてから

普通になった。

ずっとそれが続いている。

2〜3日前、

プロセスに入って精神面でガクッときた時、胃が痛くなって、そして、再びゆるくなった。

そのプロセスは今も続いているけれど、だいぶ持ち直してきて、そして今また、普通になった。

ビロウな話でごめんなさい。

だけれども大切なこと?だと思った。

私はもしかしたらずっと緊張して生きていたのかもしれない。

お腹の調子がゆるくなるのが通常運転なくらい。

プロセスに入ると

色々な記憶や思い込みが出てきてなかなか大変です。

抜けようとしているその過程なので、いろんな感情をいったりきたりします。

ちなみに私の今の課題が

effortless

自分の望みと一緒に生きていけるようになると

この状態に入ります。

ずっと緊張がデフォルトだった私には馴染みがなくとても怖いです。

その感覚もよくわからない。

右手をただ上げるように

目の前のコップのお水をただ飲むように

ブロックが外れて神経回路が繋がるのは

すぐそこ

と思って今、過ごしています。

意味不明だったらごめんなさい。

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています 6月1日より対面セッションが再開します