答えは貴方の中にある

セッションでカウンセリングをしているとよく
 
何をしたいのか分からないんです
 
と言う言葉をよく聴きます。
 
それはすごくよくわかる気持ちです。
だって私もよくその状態になる時があるから。
 
それは具体的に何を指すのだろう?
 
お仕事を変えたいのか
ただ何か新しいことを始めたいのか
 
それすらもよく分からないのか
 
私は一度、初めて自分の目標を持ったときにそれがある出来事がきっかけで強制的に遮断されたことがあった。(自分の責任で自分で招いたことだけれど)そのときは本当にどうして良いか分からず、途方に暮れて、どう生きて良いか全く本当に分からず、その混乱を落ち着かせ、自分が元気になるまで約3年くらいかかったことがある。(長いね)
 
元気になって改めて自分のやりたいことに目を向けて今がある。
 
そして思うのだけれど、実は私はその出来事が起こるずっと前からどう生きて良いか全く本当に分からなかった、と言うことに気づいた。
 
皮肉にもその大きな出来事のおかげで、それに気づけたのである。
日々の雑務に追われ心を閉ざし生きていたことで緩慢にどう生きていきたいか分からなく、感覚が麻痺していったんだと思う。
 
話が逸れてしまったが、
何をしたいか分からないと悩むことができる、と言うのは多分まだ余裕があるんだと思う。
経済的にとか人間関係にも。
それは全然悪いことではないと思う。
本当に。
 
そして、みんな本当は自分が何をしたいのか知っているのだと思う。
 
ただ、したい事を実行していくと自分の中の傷が疼いて、その感情を感じるのが不快であるとか怖かったり、それを感じたくないから分からないことにしてみたり、または自分のやりたいことがセルフイメージとあまりにも違っていて顕在意識まで持ってくることができなかったりするのではないかなあ、と思っている。
 
また実際やろうとしてみて、リアリティを感じられなかったり、憧れていたけれど自分には無理だったなあ、そこまでの情熱を持てなかったなあ、と感じられることも一つの経験でとてもいいことだと思う。そこまでやってみてもやらなくても、自分で腹の底から腑に落ちたとき、次のやりたいこと、望んでいることが見えてきたり、本当に欲しいものがまた深いところから出てくるから。
そしてそれは本当に何気ない日常を丁寧に暮らす事だったり、今の生活が本当は大好きだった事に気づいたりする事もある。
やりたい事は大きな事ではなかったりする。
 
凄腕のリーディングできる人とか
占い師の方に自分の適正や天職などをみてもらっても
私の場合、自分の中でそれを受け取る準備ができていないと現実が全く変わらなかった。
(準備ができているときはすごい助けになりました)
 
準備というのはなんだろう?
 
自分の中から湧き出る答えを見つけ出した時だと思っている。
 
その湧き出る思いを見つけるのはどうしたら?
 
というのは長くなってしまったのでまた別の機会に詳しく書こうかな。
 
短くまとめると
 
やっぱり自分と繋がって、自分を受け入れ、自己受容を繰り返し、セルフジャッジをやめ、傷が癒えていくことだと思っている。
すごーく地味な作業である。
そしてなんてゆっくり悠長なんだ、とも思えるけど、それが結局一番早いような気がする。
 
私は課題が多すぎて、残りの短い人生、亀のペースではあるけれど一つ一つやってくしかないなあ、と諦めている。
そう、諦めているけど、やっているのです。そしてどんなに些細なことでも小さなことでもやっていくと、何かしら気づきと感動があったりする。
 
 
ちなみに
私の今の課題は
人を許すこと、仲直りすること。
仲直りできなくても、それを許すこと。
 
です。
読んでくれて
ありがとう😊

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています