日々の営み その3

都市に引っ越してきて
 
物価が高いのと
梱包がすごいのと
土と緑が少ないこと
 
当たり前なことで
そんなことわかっていて引っ越したけど
ちょっと悲しくなる
 

 
ハワイ島の生活から一変に東京に戻ることがしんどくて
また、都会に住めないと思って三河に引っ越した
 
そしてまた都会に
(厳密にはここは都会ではないそうです 笑)
 
ハワイはやっぱりハワイで
その残像を追い求めて生きていても私はちっとも幸せでなかった
 
日本でも海の近くに住めばきっと
ハワイの気持ちのまま過ごせる
と思っていた私がアホでした。
 
ここは日本
 
そんなやり場のない私の怒りと悲しみでしたが
 
ヒーリングを実践するようになって
どんどん本来の自分が出てきて
 
ハワイ島で過ごした自分もまた
傷だらけであったことがわかった。
 
傷だらけの私であっても
ハワイ島での生活は魅力的で
私はかなりそこで変わったけど
 
日本に戻ってきて
その傷ととうとう向かい合わなくてはいかなくなってしまった。
 
そして自分を癒すべく
ヒーリングを学んだ。
 
 
ヒーリングをするようになって
出てきた本来の自分は
そのままだった
 
生きる
 
ということにどこか他人事のような自分がいた
自分のことなのに
それがようやく自分ごととして受け止められるようになった
 
 
また都会に近い場所に引っ越すことを決めた時
 
理由を述べよと言われたら述べることはできるけれど
それでも
三河の時代はもう卒業したんだよ
という感覚が一番強かった。
 
もともと
ハワイ島のつながりでご縁があって引っ越した場所で
私は今もそこで過ごさせてもらった日々をとても大切に想っている。
 
ハワイの自分が終わって
三河の時代も卒業
という感覚だと思う。
 
今は学んできたことを必要な方に受けていただきたいって思いが一番ある。
 
本当に
 
 
 
綺麗な海の近くで
沢山泳いで潜って
生活したいって気持ちも
実はまだある
 
でもきっと私の今の本当の望みは違う。
 
私は今
学んできたことを必要な方に届けたいと思っている。
それが自分の為でもある。
 
そしてここ神奈川に引っ越してきた。
 
ロミロミとヒーリング
ここからまた
コツコツやっていきます。
 
いろんなことが日々起こるけど
全ては良い方向に向かう為
本来の自分に戻る為に起こっていると考えるなら
(時としてそのように考えることはとてもチャレンジングで辛いけど)
どんな風に受け止めますか?
 
今も海と空と緑、全ての風景が恋しく
自然が大好きなことには変わりない
 
自分が選んでここにいる
 
そして同じようにみんな
自分で選んでその場所で生きている
 
今、ここでできることをやる
そしてそれは私の望みでもある
 
読んでくれてありがとう
 

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています 6月1日より対面セッションが再開します