あなたの力強さ

大人でない
 
まっさらな紙にペイントしていくように
 
乾いたスポンジに水が吸収していくように
 
赤ん坊から大人になる過程で
 
 
両親の声は
神様のようなもの
 
 
醜い子と言われれば
 
失敗作と言われれば
 
幸せになれないと言われれば
 
自分の劣等感を感じないように
無意識にでも利用されたり
 
自分の機嫌の悪さを
またはアルコールをやめられないことも
お前のせいだよ言われれば
 
どんな感じに成長するのかな?
 
 
特に何も言われなくても
 
お手伝いしても
 
何も感謝の言葉もなく
当たり前に
あしらわれては
 
どんな風に成長するのかな?
 
 
愛を表現しても
 
受け取ってくれなかったら
 
もう
 
愛を表現することもやめてしまうかもしれない。
 
 
それが事実かどうかは別として
 
人の話を聴くということは
 
自分の狭い経験の範囲でしか物事を判断できないところに納めずに
 
その人のリアリティを
まずは受け止めること
 
その人しか知らない
その人を
そのまま受け止めること
 
ましてや1回や2回で
全部がわかるはずはない
 
 
あなたのために
 
という言葉は
 
本当は
 
言った本人が安心したいから
 
の場合が多い
 
たとえ本当にあなたのためだとしても
 
その人の奥深くの背景を知ったのならば
 
きっともっと違う言葉で表現され
 
もっと根本的なところから
 
付き合っていかなければ
 
変わらないし
 
新たな思い込みや傷を作るだけになることもある
 
 
まずは
 
自分が本当にどう思っているのか
 
隠されたその思いを自由に表現できる
 
安心で安全なスペースから
 
あなたの力強さを取り戻す一歩となる
 
 
自戒を込めて
 

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています