ごめんねハグ

年末年始の東京ライフを楽しむぞ!

ということで今日も3年前(ハワイから帰国したばかりの頃)に会ったきりの友人Sちゃんに会いに、朝から心が本当に踊っていて、久しぶりに鼻歌を歌いながらコーヒーを入れていた朝でした。

友人Sちゃんに会うため家を出て

西尾に帰るときのお年始のお菓子を予約しようと思いながら駅に向かう途中、3歳からの幼馴染の友人Mとばったり会いました。

友人Mとは特にずっと仲が良かったわけではなく、

中学校からMは私立、私は公立で疎遠になっていたし

会えば挨拶はするけど、特に一緒に遊ぶことはない友人です。

だけれども

3歳から小学校まで一緒に遊んでいた仲。

子供の時のまま

言うなれば

まだ世の中に染まっていない

まっさらな子供時代

本質のままの姿をお互いに知っている時

そこで過ごした時間というのは

やはりかけがいのないもので

会えば時空を超えて、素の自分のままお互いの想いを持って接せられる一人なのです。

もちろん、一緒に遊ぶことは生活スタイルも価値観も違うことが多いので普段はしないのですが、

家族に近い感覚の一人であることには間違いありません。

とても貴重な存在だと、私は今、本当にありがたく思っています。

そのMが

会って開口一番に出てきたものは

ごめんね〜

という謝罪の言葉でした。

私はとうにその出来事を忘れているのですが

何か私が母親との関係で悩んでいて

彼女に頼み事をした時、

Mは、

それは私のわがままだから

もう少し母親に対して考えてあげたほうがいい

というアドバイスをしたことに

とても罪悪感を感じていて

ずっと謝りたかった、と言ってきました。

友人Mは普段保育園の先生をしており、

私にアドバイスした後

職場でとんでもないモンスターペアレンツの案件で悩まされ、

心理学の講座に行ったりしていろんなケースがある、ということを学んだそうです。

その後、

私に言ったその時のアドバイスが

とんでもないお門違いだった可能性もある

ということを思って

いろんな親子関係がある、

ということも知らず、

無責任なアドバイスをしてしまったことを

ずっと謝りたかった、

と思っていたそうです。

そうか〜

そうか〜

そうか〜

と妙に嬉しくなってしまいましたが

当の私は

そんなことあったっけ?

と思いながらすっかり忘れていて

それもそれで私、良かったなって思えました。

とりあえず、

彼女の彼女なりの気づきと

私に対しての想いが嬉しくて

ハグしてまた別れました。

Mと別れた後、

私は

いろんな人に

それじゃいけない
自立できないなんておかしい
弱いからだ
ちょっとおかしいからきちんと働けないんだよ

と言われてきたことを思い出し

それは

本当に今でも

その通りだと思っているのですが

(思っています)

うちの事情を全部把握して言っていた人は

一人もいなかったな

と今は思っています。

みんな

その人の人生経験の中でしか

物事を判断できないし

その人の傷からくる

私に対しての攻撃もある

ということを学んだ今

必要以上に自分を責めることなく

昔よりは今を過ごせるようになりました。

それは

全部自分のせいだ!

と自分をむやみに責めるのではなく

もう少し今自分の置かれている状況や

思い癖が

昔より

ほんの少しですが

見直せて

今までのパターンが変えられるようになってきたということです。

それが本当の意味で

自分の人生は全て自分に責任がある

ということになります

(自分で選べる、ということです)

誰だって

どんなパーフェクトに見える家庭環境でも

親子関係でも

何かしらあるものです。

その後、

3年ぶりにあった友人Sちゃんとの会話でも

3年前の固まっていた私を見て

(3年前はとてもじゃないけど精神的に参っていて正気ではありませんでした)

今は、何も言えない
えっちゃんには時間が必要

と思って接してくれていたそうです

今、

元気になった私を見て

その時の心情や想いを

言葉を選びながら一つ一つ話す

Sちゃんを見ていて

私は

泣かずにはおられませんでした。

私は

なんて

昔も

今も

愛されていたのでしょう。

友人Mのことを思っても同じく。

そして友人Sちゃんも

人は

色々言ってくるかもしれないけど

やっぱり

最後は

自分から出てきた答えを進むことしかできない

ということです。

はい、

ここで宣伝入ってすいません。

私が学んだヒーリングとソウルコーチング(カウンセリング)はここをもっとも重視します。

私はこの

LASで出会ったクラスメイト

仲間がいたからこそ

そこが安全地帯となって

自分の本当に望むことに目を向けられるようになったのです。

そして綜海さんから学んだこと

その場をホールドして

安全地帯を作ってくれたスクール

ありがたくて

本当に通って良かったと思っています。

セッションでは

リーディングや何かメッセージ的なこともお伝えすることもありますが

基本は

その人の本質とその時のその人の状態、

その両方とそのまま一緒にいることで

その方からご自身が望むことを

その方自身で見つけていくお手伝いをさせていただいています。

そして

それを阻害するような

トラウマ、傷があったら

それをエネルギーレベルで浄化、整えていくことをしていきます。

ご本人の口から出た言葉

気づきは

どんなに小さなことでも

とてもパワフルだと

私は感じています。

とても

地味なことなんですけど、

とても

変化してくことだとも思います。

人生は生きているだけで

ダイナミック

毎日の日常の中でも

それが見いだせれば

小さな一歩でも

大きく変わっていく一歩だと思っています。

そのお手伝いをさせていただいています。

今日の

この二つ出会い。

私はとても嬉しく

それだけで

大きな決断も

できそうな気がしています。

たったそれだけのことなのに

私の内面は力強く変化しました。

そうやって

一歩一歩

変わっていくのものだと

信頼を深めていくものだと思っています。

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています