みんな違う みんな同じ

今よりもっと自分のことが好きでなかった時、

こう見えて私はずっと会社勤めをしていた時期があった。

その時から自分はかなり周りから浮いていたかもしれないが

当人は大真面目で周りと合わせているつもりで生きていたと思う。


だけどそれも長く続けることは難しく、

ある時もうだめだ〜と思って

北海道に精神疾患の人たちが集まって

仕事をして暮らしているコミュニティがあって、

そこに入ろうかな?

と思ったことがあった。


だけど一人で行く勇気がなくって 笑

のちにハワイに行くことになったんだけど 笑


その時、家族にそのことを話すと

お前は精神疾患の人たちのことをばかにしている

もっと真面目に生きろ

と言われた記憶がある。


今、

思い返してみても

やっぱり

その人達をバカにしている

ということはなく

私は大真面目だったなあと思う。

だって、企業に一生懸命働いている人たちと

同じように

私は働けない。


公務員や会社員の間の家族に育った私は

その時は他に生きる選択肢がわからなかった。


ヒーリングスクールで出会ったLASの仲間は

37人いますが

育ってきたバックグラウンドが皆見事に違い多様性があり、

中にはそれこそ大企業の一線にいらっしゃる方もいる


LASではお互いにカウンセリングの実習みたいなものがあって

その人その人のお話を聞く機会がある。

その時に

自分のブロックがあれば

その人の話を冷静に聴くことは難しいだろう。


例えば、

私が自分が会社勤めができないことを

ずっとコンプレックスに思っていて

自分を恥じ続けていれば

会社勤めに疲れた人の話を

冷静に聴けるか

と問われれば

難しいと思う。


逆に

会社勤めできない人を

どこかバカにしている人は

私のような人をどこか受け入れられない空気を醸し出すかもしれない。


ヒーラーとは

自分を癒すことである

という本郷綜海氏の言葉は本当に響く

みんなちがってみんないい by金子みすゞ


先日、

大企業にお勤めしているLASのお仲間の一人と

夜通し語りつくした時に

お互いに

お互いの立場を尊重して

当人の幸せを願わずにはいられない

楽しい時を過ごせたことに

自分も含め

相手の方も

はたまた出会ったみんなに

感謝せずにはいられなかった。

本当にありがとう。

ヒーリングってやっぱりなんかいいね。

読んでくれてありがとう


今日の1枚

夏が終わるね 寂しいね

ʻOluʻOlu

現在お受けいただけるメニューは遠隔ヒーリングのみとさせて頂きます お休み遠隔ヒーリング 30分 はじめました! (期間限定) 皆さんの笑顔を心に、共にいます。