望みは叶っている

週1で早朝の牛乳配達のアルバイトをしているのだけれど

誰もいない事務所に行って、自動車に牛乳や荷物を積んで

さて出発しようとしたら、車の鍵がなかった。

いつもの場所にない。

社員の方が出勤するのは3時間後

そのまま家に帰って、のんびりコーヒーを飲んで留守電に入れておいた。

いつもだったら、ついていないと落ち込んだり

先方の非を責めたりしていたけれど

私はそのアルバイトをずっと辞めたかったのだ。

私のお金の不安の為に始めたアルバイトだったけれど

その日のお金が入ってこなくても、今すぐ生活に困ることはない。

お家でまったりとストーブにあたりながらコーヒーを飲んでいると

社員の方から連絡があって、鍵をポケットに入れてそのままお家に帰ってしまったそうだ。

大変謝られて、今からお仕事にこられますか?と言われたけれど

時間の都合で行けませんとお断りさせてもらった。

この出来事には本当に考えさせられた。

私が本当に望むこととはなんだろう?

やりたいこととはなんだろう?

お金のために

不安のために始めたアルバイトだったけれど

いかなかったことで、本当に自分が取り組んでいかなくてはいけないことがある。

と言うことに気づいた。

取り組んでいく過程で、うまくいかなかったらどうしよう?と言う不安と恐れがまだあって、見ないように先延ばしにしていた。

手放していくこともある。

ヒーリングやロミロミのお仕事も形になってきているし

お金だってないわけではない

どんなに周りから大丈夫と言われても

よくやっていると言われても

出来ている、と言われても

昔の私のセルフイメージが足を引っ張っていて緊張させている

望みは叶っているのに。

新しいアイデアが湧いていてそれを形にしよう、取り組もうと時間を取ればいいのに

失敗したらどうしよう?

あれを手放さなくてはいけないから

私なんかやっぱり出来ないんだ

などとどんどん出てくる。

そして、それを紛らわすためにアルバイトなんかしている

そのほうが世間的にも受け入れられると思ってるのか

そして、お金の不安からか。

アルバイトすることが悪い、と言うことではなくて

もっと根本的なこと

本当に何を望んでいるのか

その為に自分はどれくらい時間とエネルギーをそこにかけているのか

と言うことを気づかせてくれた出来事だった。

さて、

やっぱり必要なことが起こってきます。

どう捉えるかは

その人自身がどれだけ自分にオープンでいられるか。

正直でいられるか

私の今後の活動の方向も

こうやって一つ一つの出来事から

私自身で決めていきます。

(お〜〜〜きな視点で見れば決まっている、と言う方も出来るけど自由意志があります)

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市 隠れ家ヒーリングサロン 春のソウルコーチングキャンペーン お申し込みはこちらhttps://ws.formzu.net/fgen/S32993936/