心のままに

心のままに生きてみたい

先日、約10年ぶりに友人ファミリーと会った。

娘さんはもう11歳で、最後に会ったのが赤ちゃんだったに!と感動した。

友人はしっかりと一つの職業を続けていて、お家もあって、お父さんだった。

私はふらふらといつまでもしていて、

ロミロミやその他のボディワーク、ヒーリングをお仕事として続けているけれど

根無し草のようで、なんだか少し恥ずかしい気持ちになった。

ハワイ島で2年過ごした日々は、私を根本から変える一つの経験で

昔の友人と話していて、話が噛み合わない部分をたくさん感じた

10年前のお互いの印象を持ちながら話していたからチグハグなのは当たり前だ

その時、目の前にいる人はもう別人なんだって視点で話さないと。

そして短い時間の中での会話では、今のお互いを知るところまでいかなかった。

ただ、

私は以前の私ではなく

以前の私と同じように生きようとしてもできない

そんなことが

友人との会話から、心の底からわかった。

12月に与那国へ旅に行く

ハワイ島で知り合った友人を誘ってみたが

今月から仕事が決まっていけないという

聞けば、この仕事が軌道に乗れば、来年にはドバイで仕事をして住んでいるだろう、ということだ。

今年に入って彼女と会っていて、

私、ドバイにいきたいんだよね〜

と言っていたのは覚えている。

私からしたら、全然リアリティが感じられなかったし、言うだけはできるしなあ、と言う気持ちでいた。

(ごめんね)

それが年を跨がずに急にリアリティを持って彼女の前にきた。

いや、本当は急にではないのだろう。

持ち前のバイタリティで、行動力で、彼女はドバイを引き寄せていったんだと思う。

うまく行くかどうかはわからない

でも、、、、、

うまくいってもいかなくても彼女は大丈夫だろう。(そしてドバイで良い経験を祈ってる)

この両極端と思える二人だけれど

私には共通したものを感じる

確固とした自分の真実とやりたい事

それを貫いている、と言う事

人から見れば私も同じように見える部分があるかもしれない

けれど、私は自分自身に問いたい

本当は、どうしたい?

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています New! ロミロミメニュー クリニカルロミロミ が新しく加わりました!