チャンスは何度でも来る

先日父にロミロミとヒーリングをする機会が訪れた。

父も歳を重ね、首を前に出す姿勢から首を痛めてしまい、仰向けで眠れなくなってしまったとのこと。

病院でリバビリと検査をしている、とのこと。

私のロミロミも役に立つと思うよ、

と頼まれていないのに実家に行って父にロミロミしてきた。

以前一度、5年前くらいに父にロミロミした時は

お前のマッサージなんて受けるやついるのか?

身体に触るな!痛い!

と暴言を吐かれて終わった記憶がある。

今思い返してみると、

その時はまだまだ父に対して思うところがあって

父の言葉に傷ついていた記憶がある。

優しくしてほしい、

認めてほしい

私も役に立つと思ってほしい

etc 

傷が癒えた今、

その時のことを思い返しても全く動じることもなく

5年前に限らず、数々の暴言は父の傷からきているのだなあ、とはっきり感じられるようになった。

私が変われば父も変わる。

もう父は暴言は吐かず、協力的にロミロミを受けてくれるようになった。

身体に触れられることは苦手なままだけれど、

淡々と私のロミロミとヒーリングも受けてくれた

ヒーリングを学んでから父に施術したのは初めてで、

私自身見えてくるものが以前と全く違いっていて

父にヒーリングできてよかったな、と素直に感じた。

定期的にロミロミとヒーリングをしたいなあ、と言う気持ちが湧いてきて

父と母にそのことを伝えたけれど、

その後全くお声がかからず、

そしてそれでいいと私は思っている。

定期的に施術したいなあ、と言うのは私のエゴで

父にも母にも

そして私にも

望んでもいないヒーリングとロミロミをしないことはベストなんだと感じている。

 (今回、できたことは本当に良かったと思っている)

ちょっと前の私なら、何が何でも父に定期的に会いに行っていただろう。

そして、自分の思うようにことが進まず、また暴言を吐かれ

勝手に傷ついていたのかもしれない。

チャンスは何度でも訪れる

それは

父に施術できるチャンス、

と言う意味ではなくて

私の傷が癒えて

そのままの私でいられる時間が増えていくような

気づきが引き起こされる出来事が

何度でも訪れる、と言うこと

もっと言うと、

気づかないから

同じようなことが起こると

何度でも同じ気持ちになると言うこと

自分の中にいる居心地の悪さ、

自分から逃げたいと言う気持ち

そうゆうことは

何度でも起こる。

安心して気付いていこう

大丈夫、ゆっくりいこう

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています New! ロミロミメニュー クリニカルロミロミ が新しく加わりました!