中年のお嬢様

お引越しのこと

ハローワークのこと

最初に書いてからどれくらい経つのでしょう?

未だに何も決まっていません。

 

動いてはいるのです

面接もしているのです

内見もしているのです

でも

未だに何も決まっていません。

実際動いてみてわかった事がたくさんあります。

私は本当に世間知らずの中年のお嬢様です。

今までよく生きてこれたと思いました。

自分がいかに恵まれていたのかも

結論から言うと

引越しをもう少し準備をとってからすることに決めました。

決めました。

と言っても

自分から引っ越す、と言っておいて

今の貸してくれているお家の方にそうお伝えしたのに

また

引越しを伸ばしてください

とこちらの都合で言うのも

本当に

都合が良すぎて

とても恥ずかしいです。

しかも

実際動いてみて、

今の私では

お部屋を借りる事がとても難しいとわかってから

お願いしているのです。

都合良すぎます。

そして

そのお願いを受け入れてくれて

本当にありがとうございます。

本当に

ありがとう

ああ、

穴があったら入りたい

だけど

良かった

多分

昔の私なら

お願いすることも

謝ることも

自分のヘタレな現実も

受け入れる事ができなくて

無理に物事をそのまま進めてきたと思います。

先日、

以前住んでいた愛知に遊びに行って

いろんなことに気づいて帰ってきました

生きていると色々あります

人が仮に過ち、と言われるようなことをを犯した時に

一人はその場を立ち去り、また新しい場所で新規スタートをして

一人はその場にとどまり、信用を取り戻すべく生活されている

そんなお話を聞いて

どちらも私はその方の選択で

どちらもいいと思いました。

そして私はどちらかと言うと前者のタイプで

ダメだったら次に行くような感じで今までずっと生きてきました。

それはそれでいいのですが

自分は何か同じことを繰り返している、と言う感覚があって

今回の引越しもお仕事も

もしかしたらそのような気持ちで動いていたのでは?

というように感じたのでした。

ここに住んでいることで

色々な感情を味わうのが嫌で

その場から逃げるような気持ちはなかったか?

と聞いた時

ない、とは言えなかったのです。

もちろん、理由はそれだけではなかったとしても

その気持ちを見ないようにしていたことは確かです。

私は

その見たくない、感じたくない、できない自分をそのまま

居心地は良くなくても

一緒にいて

認めて統合していくことを決めました。

多分、統合することなくそのまま過ごしていけば

場所を変えてもこれはずっとついてきます。

そして、もう一つ

今回の旅で

軸がブレず

自分のやりたいことをしっかりやられている

友人や知人の姿に感動して

私はもう一度

どう在りたいか

しっかり自分に聞いてみたいと思いました

やりたいことをやる

というのは

ある意味

本当に覚悟や勇気

体力気力、精神力は必要となっていきます

決めたらやる

という姿を見て私は

感動しました。

私もそのように生きたい。

そう、思いました。

私の今の願いです。

ここまで読んでくれて

本当にありがとう

追伸

私の書くことなんてそんなに多くの人が読んでいないだろうな

影響力なんてないだろうな

と思っていましたが

やっぱり書くことにもう少し

気をつけたいと思いました

今回の私の引越しのことで

応援や心配をしてくださった皆さん

本当にありがとうございます

お騒がせしてごめんなさい

ʻOluʻOlu

神奈川県横浜市青葉区藤が丘の隠れ家サロンでロミロミとヒーリングをしています *お知らせ* クリニカルロミロミのモニター様満員となりました!ありがとうございます!