心の癖

不安がベースだった生活から

幸せがベースの生活へ

 

夕暮れ時が寂しくて苦手だったけど

それは単なる私のモード

本当は違う

いつだってそれは自分で選べる

愛知の友達からまた電話がかかってきて

帰ってこなくていいよ

帰っておいでと言われた 笑

私の発信しているものを読んでくれているみたいで

私がみんなのことを好きなように

みんなも私を好きでいてくれるのが伝わる

自分を信頼するとは

他人を信頼することでもある

いつもないものにフォーカスしていたけれど

本当は全てここに揃っていて

用意されていたことに気がつく

幸せをベースであることを選ぶと

不思議と周りもそのような人たちしかいなくなってくる

こうなれば楽しいだろうな

と言うことに思いを馳せていけば

それはその通りになっていく

いつも自分に戻っていけば

静かな静寂と

暖かさがそこにある

外に求めているときは

それは感じられず

どんなに周りに誰がいようとも

足りない足りないと叫んでいる

そんな時は静かにただ座っている方が

満ちていく自分を感じられる

それを

1日の間にいろんなモードを何回も往復して

また戻ってくるように試みている

ʻOluʻOlu

自分が望む人生を生きる 《環境・人間関係・仕事・お金・パートナー》 未来を創造していくセッションと講座を開催しています 身体・心・魂が一致した人生を生きるとき、 その人の人生は喜びに満ちていきます ☆募集再開☆本当の自分を生きる未来創造セッション講座